コラム

コラム

ザガーロジェネリックとは

薄毛(AGA)治療専門クリニックのユナイテッドクリニックでは、プロペシア(フィナステリド)、フィナステリド、ミノキシジル5% 10%ローション、ミノキシジルタブレット、ロゲイン5%フォームタイプ、アボルブ・ザガーロ(デュタステリド)などのAGA治療薬の処方を行っております。

AGA治療は内服薬や外用薬、治療方法も様々ありますが、今回はAGA治療薬ザガーロについてお話しさせていただきます。

ザガーロ(ZAGALLO)とは

ザガーロとはAGA治療薬の中では一番新しく発売されたカプセル状のAGA治療薬になります。

主成分はデュタステリドになり、抜け毛の原因となる5α還元酵素Ⅰ型Ⅱ型を阻害する薬です。イギリスに本社を置くグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)が2015年9月28日に男性型脱毛症(AGA)治療薬として厚労省から製造販売承認を取得した医薬品です。販売が開始したのは2016年6月13日になります。

しかしこのザガーロは、AGA治療薬として一番新しく発売された薬ですが、実はAGA治療薬として登録し直しただけで、デュタステリド製剤としては昔からある薬剤になります。

ザガーロジェネリックとは

ザガーロは新しくAGA治療薬として発売されてから人気の高い薬ですが、現在ではまだ価格は低くありません。

ザガーロのジェネリックでコストを下げてAGA治療をしたいという方がいますが、実はザガーロと同じデュタステリド製剤は昔からあります。

例えばザガーロと同じメーカーであるグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)から「アボルブ」というデュタステリド製剤が2009年から発売されています。

こちらはザガーロと全く同じ成分で、全く同じ効果効能になります。

しかし「アボルブ」は前立腺肥大症治療薬として登録され販売されていました。

デュタステリドは前立腺肥大症の治療にも効果があり、その治療薬として使われていましたが、前立腺肥大症を治療するメカニズムがAGA治療にも効果的である事が分かったのです。

そこでAGA治療として登録し直すために申請し、認可が下りたものがザガーロになります。

ザガーロとアボルブは外箱とカプセルの色が違うだけで成分は全く同じデュタステリド製剤です。

ザガーロは新しく商品登録したため価格が高いですが、アボルブは今ではザガーロより少し価格は低くなっています。

また海外では同じデュタステリド製剤は昔から取り扱われています。

ザガーロはあくまで商品名ですので、同じデュタステリド製剤によるAGA治療は昔から行われていたという事を認識しておきましょう。

デュタステリド(Dutasteride)の服用方法と効果

ザガーロの主成分であるデュタステリド(Dutasteride)はAGA治療において非常に効果的です。

水で服用し、一日一回決まった時間に服用する事が大切です。決まった時間に服用する事で血中濃度が一定に保たれ効果を発揮します。

なぜ髪の毛が薄くなって抜け落ちてしまうのか、原因は遺伝やストレスなど様々ありますが、悪性の男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」の働きによって薄毛になってしまう方が非常に多いです。

デュタステリドはこの悪性の男性ホルモンが出来なくなるようにする薬です。

デュタステリド製剤の外箱には「5α還元酵素 Ⅰ型Ⅱ型阻害薬」と記載されています。

本来良性の男性ホルモンであるテストステロンが、毛根にある5α還元酵素(リダクターゼ)という酵素と結合する事によって、悪性の男性ホルモンに変換されてしまうのです。

その変換を防ぐ薬が5α還元酵素を阻害するデュタステリドになります。

また5α還元酵素にはⅠ型、Ⅱ型と二つあり、AGA治療薬で有名なプロペシア(フィナステリド)は、この5α還元酵素のⅡ型のみ阻害します。

デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を阻害する事が出来るので、プロペシア(フィナステリド)を服用して効果が実感出来なかったという方はデュタステリドを服用した方が良いでしょう。

5α還元酵素のⅡ型は主に生際と頭頂部に存在しており、Ⅰ型は全ての毛根に存在しているので、全体的に抜け毛が多い方はⅠ型とⅡ型の両方を阻害するデュタステリド製剤を服用する事を推奨します。

ただ自分では判断が難しいかと思うので、フィナステリドとデュタステリドどちらで治療していくかは、専門クリニックで医師に判断してもらうようにしましょう。

通販・個人輸入による偽物にご注意ください

AGAを誰にも言わず自分だけで治療しようと、インターネットで買えるような薬でAGA治療を始める方が多いですが、長期に渡って服用する薬なので非常に危険です。

通販・や個人輸入、インターネットで購入出来るような薬は6割以上が偽物や粗悪品というデータがあります。

AGA治療薬は長期に渡って服用するもので、効果判定に半年から一年かかります。

有効成分が全く入っていないものを服用し続けて、効果が出なかったためにAGA治療を諦めるという方も非常に多く、最悪の場合は、長期に渡ってインターネットで購入した粗悪品を服用し続けたことによって健康被害が出てしまったという報告も多数あります。

AGA治療薬は効果判定に時間がかかり、長期服用をしていかなくてはならないので、必ず医療機関で医師に相談した上で服用していく薬を決め、必ず医療機関で処方してもらうようにしましょう。

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
栄ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
天王寺ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
岡山ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6630-6262
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
栄ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
天王寺ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
岡山ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト